Home • 水の浮力を活かすのも有効!腰痛の予防法3選

水の浮力を活かすのも有効!腰痛の予防法3選

 - 

少しでも兆候があれば無理せず整骨院へ

予防というよりかはむしろ、より症状が本格化してしまう前の対策という意味合いが強いのですが、いずれにせよ腰痛は一旦酷くなると中々早期の回復は難しいもの。自力で無理して治そうと努力する以前に、少しでもその兆候が現れたらすぐに整骨院等のサロンで適切な施術やマッサージを受けると共に、的確なアドバイスを受けその通りにして過ごすのがベストでしょう。また施術直後は身体に少々無理が掛かっているケースが多く、翌日まではなるべく安静にして過ごすのがベストでしょう。

地味な下半身の運動も積み重ねにより有効な腰痛予防へ

日々行うウォーキングや軽いジョギング等のロードワーク、あるいは室内で行う各種下半身回りのトレーニングメニューがありますが、これら下半身を刺激する運動は地味であっても、日々の積み重ねによりじわじわと腰痛予防に効果が出てくるものです。ただ許容限度を超える急激なな負荷は、ぎっくり腰を始めとして逆に腰痛を誘発する原因となってしまいますから注意が必要。急激な腰への負荷はなるべく避け、じんわりと負荷を掛ける様心掛けた方が良いでしょう。

下半身に負担が掛からないプール歩行も

腰や下半身に過度な負担を掛ける事無く、筋力だけを鍛えるのに水の浮力を利用するというのも一つの手。その典型的な方法はもちろんプール内での水中歩行運動です。料金や時間的な制約はあるものの、1時間も歩けば腰や下半身に対し腰痛を防止するだけの十分な負荷を与える事が出来るでしょう。自分なりのアレンジで歩行動作をバラエティに富ませる事が出来るのもメリットの一つ。それらを組み合わせれば下半身だけでなく上半身も鍛錬出来ると共に、お腹のダイエットといった副次的な効果をも生んでくれるのです。

腰痛の名古屋での治療について、治療に適するクリニックやおすすめ治療院が地元のフリーペーパーに詳しく載っています。